セントレアのスカイデッキ、6月から開場 1つの手すりにつき1組で | FlyTeam ニュース

セントレアのスカイデッキ、6月から開場 1つの手すりにつき1組で

ニュース画像 1枚目:スカイデッキの手すり1つあたり1組がめやす
スカイデッキの手すり1つあたり1組がめやす

中部国際空港(セントレア)は2020年6月1日(月)から、第1ターミナル4階にある展望デッキ「スカイデッキ」の利用を再開します。利用者にはマスク着用やスカイデッキ出入り口での手指の消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保を呼びかけています。スカイデッキの手すりは1スパン約2メートルあり、1つの手すりにつき1組にする目安とするよう呼びかけています。

開場時間は通常、7時から22時30分ですが、当面の間は7時から21時とします。今後の状況やソーシャルディスタンスを確保できない状況が発生した場合は、再度スカイデッキの閉鎖や入場制限などを実施する場合もあります。

なお、スカイデッキ下の屋内空間「センターピアガーデン」は当面の間、閉鎖を継続し、スカイデッキ中央と先端にあるエレベーターホールも閉鎖しているため、スカイデッキへの出入りは第1ターミナル4階スカイタウンからの4カ所のみとなっています。

スカイデッキは、新型コロナウイルスの感染拡大防止で、愛知県が政府の緊急事態宣言に基づく特定警戒都道府県に指定されたことを受け、4月20日(月)から一時閉鎖していました。

期日: 2020/06/01から
メニューを開く