海自P-3C復旧、ベトナムに要員を派遣 空自C-2で支援 | FlyTeam ニュース

海自P-3C復旧、ベトナムに要員を派遣 空自C-2で支援

ニュース画像 1枚目:美保基地所属のC-2輸送機
美保基地所属のC-2輸送機

防衛省統合幕僚監部は2020年5月29日(金)、ベトナムに駐機している海上自衛隊の哨戒機P-3C、ビューロナンバー「5071」の復旧のため、隊員を派遣します。ソマリア沖・アデン湾で活動する派遣海賊対処行動航空隊が使用、この帰国途中にエンジン不具合が発生し、ホーチミンのタンソンニャット国際空港に駐機されています。

隊員派遣の日程は、6月1日(月)から6月下旬の日程を予定しています。派遣する隊員は、八戸航空基地に所在する第2航空群隊員の約20名で、空自C-2でタンソンニャット国際空港へ派遣します。派遣日程は、整備の進捗、天候の影響により変更される可能性があります。

6月1日(月)に、隊員が空自のC-2で出国します。6月16日(火)に整備機材などを空自C-2で輸送、6月中旬から下旬に現地で整備を実施、6月下旬に要員とP-3C、整備器材等が帰国する予定です。

■P-3C不具合復旧に係る隊員等の派遣の日程
6月1日(月) 派遣隊員、八戸航空基地から空自C-2で出国
6月16日(火) 整備機材等を空自C-2で輸送
6月中旬から下旬 整備等を実施
6月下旬 派遣隊員とP-3C、那覇航空基地へ帰国
     整備機材等を空自C-2で輸送
     一部要員、民間機で成田空港へ帰国
期日: 2020/06/01 〜 2020/06/30
メニューを開く