タイの国内ロイヤルシルクラウンジ、6月8日から営業再開へ | FlyTeam ニュース

タイの国内ロイヤルシルクラウンジ、6月8日から営業再開へ

ニュース画像 1枚目:国内ロイヤルシルクラウンジ
国内ロイヤルシルクラウンジ

タイ国際航空とタイ・スマイルが2020年6月から全ての国内線を運航再開することに伴い、タイ国内のロイヤルシルクラウンジが6月8日(月)から営業再開します。国内線のロイヤルシルクラウンジは、スワンナプーム国際空港、チェンマイ国際空港、ハートヤイ国際空港、プーケット国際空港に設置されています。

感染拡大予防対策として、全てのラウンジ利用者に対して体温チェックとマスクの着用を義務化しているほか、ビュッフェやカクテル、ワインなど酒類の提供を一時中止するなど、一部通常と異なるサービス体制となります。また、ソーシャルディスタンスの確保で、座席間隔は1メートル以上に設定され、利用者数も制限します。なお、ラウンジ使用者は、ラウンジアクセスシステム「Thaichana」アプリへの登録が必要ですす

また、ロイヤルオーキッドラウンジ - プレステージは7月1日(水)以降からの再開を予定しています。

期日: 2020/05/08から
この記事に関連するニュース
メニューを開く