JTAとRAC、9月までかりゆしウェア着用 今年は運航乗務員にも導入 | FlyTeam ニュース

JTAとRAC、9月までかりゆしウェア着用 今年は運航乗務員にも導入

ニュース画像 1枚目:かりゆしウェア
かりゆしウェア

日本トランスオーシャン航空(JTA)と琉球エアーコミューター(RAC)は2020年9月30日(水)まで、運航乗務員、客室乗務員、地上接客スタッフが新かりゆしウェアを着用し、業務にあたります。

JALグループは4月から新制服を導入し、沖縄地区では新かりゆしウェアを導入しました。5月1日(金)から客室乗務員と地上接客スタッフが着用、6月1日(月)から運航乗務員が着用を開始しました。運航乗務員への導入は、今回が初めてです。

新かりゆしウェアは、沖縄県花であるデイゴ、ハイビスカス、サンダンカ、ブーゲンビレア、オオゴチョウの5つの花を鮮やかな色彩で配置し、沖縄らしい明るさや温かみのある「うとぅいむち」を表現しています。運航乗務員のかりゆしウェアには、前立てにさりげなく同じ図柄を使用しています。

期日: 2020/09/30まで
メニューを開く