三菱重工のリージョナルジェット会社、CRJ事業を承継 | FlyTeam ニュース

三菱重工のリージョナルジェット会社、CRJ事業を承継

ニュース画像 1枚目:ボンバルディア CRJ-900
ボンバルディア CRJ-900

三菱重工業(MHI)が設立したMHI RJ アビエーショングループ(MHIRJ)は2020年6月1日(月)、カナダエア・リージョナル・ジェット(CRJ)事業を完全承継しました。これにより、CRJシリーズを含むリージョナルジェット機に完成機からMRO事業まで、包括的なサービス、サポートソリューションをMHIグループで提供します。

MHIはCRJプログラム買収の一環として、メンテナンス、エンジニアリング、耐空証明サポート、改修、資産管理、マーケティング、販売活動、型式証明と関連する知的財産権を含むCRJシリーズの一連の活動を買収しています。

この契約で、カナダのケベック州ミラベルとオンタリオ州トロント、アメリカのウェストバージニア州ブリッジポート、アリゾナ州ツーソンのCRJに関連するサービス・サポートネットワーク主要拠点でのサポートサービスも引き継ぎ、継続してサービスを提供します。

MHIRJはCRJシリーズ、さらに次世代リージョナルジェットのMitsubishi SpaceJetファミリーを含むグローバルな航空機業界への包括的なサービスとソリューションを提供し、MHIの既存の民間航空機事業を補完します。

メニューを開く