ブルーエンジェルズのスパホ化、いよいよ本格化 | FlyTeam ニュース

ブルーエンジェルズのスパホ化、いよいよ本格化

ニュース画像 1枚目:ブルーズ向けスーパーホーネット
ブルーズ向けスーパーホーネット

ボーイングは2020年6月3日(水)、F/A-18Eスーパーホーネットをアメリカ海軍のアクロバット部隊「ブルーエンジェルズ」へ納入しました。飛行試験と評価を実施するため、ブルーエンジェルズの塗装は施されていません。ボーイングは、2020年に計11機を納入する予定です。

ブルーエンジェルズの2020年シーズンは、従来からのF/A-18C/Dホーネットを運用し、2021年のショーシーズンに備え、2020年から2021年の冬にF/A-18E/Fスーパーホーネットへ移行します。

フロリダ州ジャクソンビルのセシルフィールドに所在するボーイング施設で、F/A-18ホーネットとスーパーホーネットがブルーエンジェルズ仕様に改修されます。主な変更点は、スモーク用のオイルタンク追加、機体を長時間宙返り飛行させるための燃料システム、民間と互換性のあるナビゲーション機器、カメラ搭載、航空機の重心調整などです。なお、ブルーエンジェルズのF/A-18は現行機もスーパーホーネットも万一の事態に備え、短時間で戦闘仕様に変更できます。

ボーイングでアメリカ海軍・海兵隊向けサービス担当を務めるPat Walsh副社長はかつて海軍少将で、1985年から1987年までナンバー3、4としてブルーエンジェルズのパイロットとして任務を経験しています。Walsh副社長は、ボーイングが海軍のスーパーホーネットの運用をサポートしており、ブルーエンジェルズのチームを支援する重要な段階に入ることを歓迎しています。

ブルーエンジェルズは、1969年にF-4JファントムII、A-4Fスカイホークを経て、1986年以降にF/A-18ホーネットを採用しています。いずれもマクドネル・ダグラスの機体で、これを引き継ぐボーイングは、長年に渡り、チームを支援しています。

※当初配信の内容に誤りがありました。一部を修正し、再度公開しています。お読みいただいた皆さまにはご迷惑をおかけいたしました。

メニューを開く