日本発着ハワイ・グアム結ぶ9社の運航・運休状況 6月11日時点

日本発着ハワイ・グアム結ぶ9社の運航・運休状況 6月11日時点

ニュース画像 1枚目:海をイメージしたエメラルドグリーンのA380
海をイメージしたエメラルドグリーンのA380

日本発着のハワイ路線は全日空(ANA)、日本航空(JAL)、ハワイアン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空に日米5社に加え、大韓航空とエアアジア・エックス、グアム路線はJALとユナイテッド航空の日米2社に加え、チェジュ航空とティーウェイ航空の2社が運航しています。このリゾート地と日本を結ぶ現在の定期便の状況をまとめました。

路線航空会社運航状況備考
羽田 - ホノルル全日空運休7/31まで
日本航空運休7/31まで
デルタ航空運休6/30まで
ハワイアン航空運休7/1まで
羽田 - コナハワイアン航空運休7/1まで
成田 - ホノルル全日空運休7/31まで
日本航空運休7/31まで
大韓航空運休6/30まで
ハワイアン航空運休7/1まで
ユナイテッド航空運休8/3まで
成田 - コナ日本航空運休7/31まで
関西 - ホノルル日本航空運休7/31まで
エアアジア・エックス運休6/30まで
デルタ航空運休6/30まで
ハワイアン航空運休7/1まで
名古屋 - ホノルル日本航空運休7/31まで
デルタ航空運休6/30まで
新千歳 - ホノルルハワイアン航空運休7/19まで
福岡 - ホノルルハワイアン航空運休7/1まで
成田 - グアムユナイテッド航空火、木、土の週3便7/23からデイリー運航
日本航空運休7/31まで
関西 - グアムチェジュ航空運休6/30まで
関西 - グアムティーウェイ航空運休6/30まで
名古屋 - グアムユナイテッド航空運休8/3まで
福岡 - グアムユナイテッド航空運休10/24まで


ハワイ州のデービッド・イゲ知事が現地2020年3月17日(火)、ハワイ旅行を延期し、予定を変更するよう呼びかけて以降、3月25日(水)には自宅待機令、4月1日(水)以降は、ハワイ州内の諸島を移動する場合でも14日間の隔離措置が義務付けられる対応が取られました。こうした状況を受け、日本とハワイを結ぶ定期便路線は全て運休しています。

ただし、ハワイアン航空はハワイ諸島間の路線で、ホノルル発着のヒロ、コナ、リフエ、カフルイ線をいずれも1日5便、モロカイ、ラナイ線を1日2便で運航を再開しているほか、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル線を再開し、ポートランド線も7月に再開する予定です。なお、6月16日(火)から、ハワイ諸島間の移動における14日間の検疫措置は解除されます。

日本/グアム間は6月現在、ユナイテッド航空が火、木、土の週3便を運航していますが、7月23日(木)からデイリー運航に増便する計画です。グアムへの渡航では、日本の検査機関でのPCR検査結果の陰性を示す文書も、検疫官が審査可能となっており、観光客は自身が手配した宿泊施設で14日間の自主隔離措置をすることができます。

この記事に関連するニュース
メニューを開く