JTAとRAC、6月下旬から国内需要は回復基調に 移動の自粛緩和で

JTAとRAC、6月下旬から国内需要は回復基調に 移動の自粛緩和で

ニュース画像 1枚目:琉球エアーコミューター イメージ
琉球エアーコミューター イメージ

日本トランスオーシャン航空(JTA)と琉球エアーコミューター(RAC)は2020年6月10日(水)、6月後半の運航計画を発表しました。緊急事態宣言が解除され、6月19日(金)には都道府県をまたぐ移動自粛が緩和されることで、国内線の需要回復基調が継続すると見込んでいます。

これを受け、JTAは6月18日(金)から、羽田発着の石垣、宮古線、6月26日(金)から関西/石垣線と岡山/那覇線の計4路線の運航を再開します。その一方で、需要が十分に戻るまで国内16路線の減便を継続し、6月15日(月)から6月30日(火)まで、JTAが518便、RACが269便の計787便を減便します。

6月前半の減便数は、JTAが672便、RACが254便の計926便だったことから、6月前半と比較し、130便以上が追加で運航されます。

■6/15~6/30までの
  運航再開・ 減便・発着時刻変更路線
<運航再開路線>
・羽田/石垣線
・羽田/宮古線
・関西/石垣線
・岡山/那覇線
<減便路線>
・名古屋/那覇線
・福岡/那覇線
・関西/那覇線
・小松/那覇線
・岡山/那覇線
・羽田/石垣線
・羽田/宮古線
・関西/石垣線
・那覇/石垣線
・那覇/宮古線
・那覇/久米島線
・那覇/奄美線
・石垣/与那国線
・宮古/石垣線
・宮古/多良間線
・那覇/南大東線
期日: 2020/06/15 〜 2020/06/30
この記事に関連するニュース
メニューを開く