ユナイテッド、マイレージを担保に50億ドルを調達 流動性を確保 | FlyTeam ニュース

ユナイテッド、マイレージを担保に50億ドルを調達 流動性を確保

ニュース画像 1枚目:ユナイテッド航空 777
ユナイテッド航空 777

ユナイテッド航空は2020年6月15日(月)、マイレージプログラム「マイレージプラス」を担保とした50億ドルの融資を確保し、9月までに利用可能な流動性の総額が約170億ドルになる見込みであると発表しました。

マイレージプラスを担保とした融資は、ゴールドマン・サックス・レンディング・パートナーズ、バークレイズ銀行、モルガン・スタンレー・シニア・ファンディングによるもので、CARES法で調達予定の45億ドルと組み合わせることにより、航空史上最も打撃を受けた金融危機に対応するための柔軟性を高めます。

ユナイテッド航空は、この数か月間、設備投資などの支出の削減、管理職の昇給停止や無給休暇の導入、採用の凍結、役員の給与削減、CEOと社長の給与100%カットなどのコスト削減を実施しており、2020年第2四半期に1日平均約4,000万ドル、第3四半期には1日平均約3,000万ドルのキャッシュバーンを見込んでいます。

メニューを開く