スターフライヤー、新型コロナウイルス感染症対策特設ページを開設 | FlyTeam ニュース

スターフライヤー、新型コロナウイルス感染症対策特設ページを開設

ニュース画像 1枚目:STARFLYER Clean and Hospitality
STARFLYER Clean and Hospitality

スターフライヤーは2020年6月24日(水)、新型コロナウイルス感染症対策特設ページ「STARFLYER Clean and Hospitality」を開設し、搭乗者に理解と協力を求めています。

空港係員はマスクに加え、必要に応じてフェイスシールドを着用、客室乗務員はマスクと手袋を着用して業務にあたっています。チェックインカウンターや自動チェックイン機の間にはビニールカーテンを設置し、チェックインカウンターや保安検査場、搭乗口付近に手指用の消毒液などを設置しています。

機内では、サービス内容の一部変更、機内販売や有料サービスを休止しています。国内線の航空機は、毎日夜間に機内を消毒し、毎便トイレの清掃、ドアノブや水道の蛇口など多くの人が触れる場所を除菌しています。

搭乗者には、空港や機内でのマスクの着用を必須としています。また、近い距離や大きな声での会話はできるだけ控え、ソーシャルディスタンスを確保するため、係員の指示に従い搭乗者同士の間隔をあけること、搭乗案内用紙は搭乗者自身で取ることを求めています。

メニューを開く