ボーイング、モロッコからAH-64Eを24機受注 | FlyTeam ニュース

ボーイング、モロッコからAH-64Eを24機受注

ニュース画像 1枚目:AH-64Eアパッチ・ガーディアン
AH-64Eアパッチ・ガーディアン

ボーイングは2020年6月25日(木)、モロッコとAH-64Eアパッチを24機受注したと発表しました。モロッコはAH-64を運用する17番目の国になり、2024年に納入を開始する予定です。ボーイングはアメリカ国防総省の対外有償軍事援助(FMS)を通じてモロッコにAH-64Eを販売します。

AH-64はこれまで、アメリカ、オランダ、ギリシャ、イギリス、日本、インド、シンガポール、韓国、サウジアラビアを含む16カ国に約2,500機を納入されています。

AH-64Eは、AH-64DブロックⅢ最終発展型を2013年1月に「AH-64Eアパッチ・ガーディアン」として正式名称に採用しました。目標の探知・捕捉能力の向上、デジタル通信機器の近代化、生存性の向上、T700-GE-701Dエンジンへの換装、複合材料ブレードを使用したメインローターにアップグレードなどで近代化しています。

期日: 2020/06/25から
メニューを開く