長崎空港、保安検査場や到着口にAI体温測定端末を設置

長崎空港、保安検査場や到着口にAI体温測定端末を設置

ニュース画像 1枚目:非接触型AI 体温測定端末
非接触型AI 体温測定端末

長崎空港は2020年6月27日(土)から、日本コンピュータビジョン(JCV)のAI高速温度検知システム「SenseThunder-Mini」を導入しています。空港館内で実施している新型コロナウィルス感染拡大防止策の一環です。

「SenseThunder-Mini」は、体温とマスクの着用状態をわずか0.5秒かつ非接触で検知することが可能で、測定時の体温が37.5°以上の場合、またマスクを着用していない場合にアラームで注意喚起を促します。

6月27日(土)には、2階の保安検査場前に4台、ビジネスラウンジ「アザレア」に1台設置し、7月4日(土)からは、1階の国内線到着口に3台、2階にあるレストラン「エアポート」に1台設置されます。

なお、現在休業中の五島うどん「つばき」、中華レストラン「牡丹」、鮨どころ「しょうぶ」は、再開時に設置される予定です。

期日: 2020/06/27から
メニューを開く