現在も「NH」で面影残すANA創業当時のヘリ移設 | FlyTeam ニュース

現在も「NH」で面影残すANA創業当時のヘリ移設

ニュース画像 1枚目:日本ヘリコプター輸送 JA7008
日本ヘリコプター輸送 JA7008

全日空(ANA)は2020年6月29日(月)と6月30日(火)の2日間、前身の日本ヘリコプター輸送が創業時に保有していたヘリコプターのベル47D-1、機体記号(レジ)「JA7008」をANAグループの総合トレーニングセンターに移設しました。6月29日(月)は、大田区のANA Training & Education Center(ANATEC)で解体作業、6月30日(火)はANA Blue Baseに大型クレーンで搬入したのち、組み立て作業が実施されました。

日本ヘリコプター輸送は、ヘリ2機からスタートしました。現在、ANAが便名に使用するIATAコード「NH」は、創業時の英語社名「Nippon Helicopter」に由来する話は飛行機好きにはあまりに有名な話です。

その時代の現存する1機を、当時の整備作業経験者で現在は整備マイスター資格保有者の熟練整備士の伊藤剛さんを中心に、若手整備士と共同で解体し、移設作業を実施しました。伊藤さんは1974年に入社後、ヘリコプター部に配属され3年間、ヘリコプター整備を経験した後、ドック整備で複数機種の1等航空整備士資格を取得しています。現在は、社内の技量認定制度「マイスター制度」の最高位、マスターに認定されている4名の1人で、現在は後進の育成に注力しています。

作業に参加した若手社員は「このヘリコプターに込められた先輩の想いを未来へつないでいきます」とコメントし、ヘリコプターに象徴される創業時のDNAを引き継いで、努力と挑戦を続けいく意気込みをアピールしています。

メニューを開く