アエロメヒコ・グループがチャプター11を申請、運航は継続 | FlyTeam ニュース

アエロメヒコ・グループがチャプター11を申請、運航は継続

ニュース画像 1枚目:アエロメヒコ航空 イメージ
アエロメヒコ航空 イメージ

アエロメヒコ・グループは新型コロナウイルス(COVID-19)の打撃を受け、アメリカの連邦破産法第11条(チャプター11)の任意手続きを申請したと、2020年6月30日(火)に発表しました。

チャプター11のプロセスを活用し、新たな資金調達を行い財政基盤を強化、COVID-19による影響に対処し、不確実な世界経済の中で成功するため、将来に向けて持続可能な体制の構築などに取り組みます。

なお、アエロメヒコ航空の運航は継続します。7月には国内線が6月の2倍、国際線は6月の4倍のフライト数を運航する予定で、今後も現地の規制や需要に合わせ、運航を拡大する方針です。

メニューを開く