デルタ航空、アメックス提携カードのメダリオン会員資格に特別措置 | FlyTeam ニュース

デルタ航空、アメックス提携カードのメダリオン会員資格に特別措置

ニュース画像 1枚目:デルタ航空 イメージ
デルタ航空 イメージ

デルタ航空は202年7月7日(火)、「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カード」と「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の2種類の提携カード保有会員に対し、特別措置を実施すると発表しました。新型コロナウイルスが感染拡大する中で、より柔軟な対応を提供するデルタの取り組みの一環です。

2020年2月1日(土)から12月31日(木)までの期間に保有、または新規獲得したメダリオンの会員資格は、2022年1月31日(月)まで自動的に延長されるほか、メダリオン会員資格取得プログラムの利用金額条件を引き下げます。プログラム開始日が2019年6月26日(水)から2020年6月25日(木)までが対象で、ゴールドメダリオン会員資格の利用金額条件は従来の150万円から100万円、シルバーメダリオン会員資格の場合は従来の100万円から70万円に変更されます。

デルタ航空のスカイマイルは、獲得したマイルを特典に交換しやすく、有効期限が設定されていないほか、デルタ航空運航便の特典航空券には適用除外日はありません。

デルタ航空では、新型コロナウイルスの影響で一部運航スケジュールを変更しているため、7月31日(金)までに新規購入した航空券は、購入日から1年間、変更手数料が免除されます。また、4月17日(金)時点で、9月30日(水)までに出発予定の予約済みの航空券、または3月から9月までの間にキャンセルとなった航空券については、2022年9月までの旅行に手数料なしで変更が可能です。

関連記事
メニューを開く