累計600万部「空母いぶき」の完結巻13集、大増刷を決定 | FlyTeam ニュース

累計600万部「空母いぶき」の完結巻13集、大増刷を決定

ニュース画像 1枚目:空母いぶき 第13集
空母いぶき 第13集

小学館が発行、2020年6月30日(火)発売、かわぐちかいじ原作の「空母いぶき」完結巻13集と、既刊11集と12集の大増刷を決定しました。「空母いぶき」は、専守防衛の自衛隊が初めて空母を保有、尖閣諸島を巡り海上自衛隊と中国海軍が衝突するストーリーで、緊迫感のある戦闘や国際政治を描きました。

完結巻13集は、前巻の12集から1年2カ月ぶりの新刊です。2019年5月には実写版の映画「空母いぶき」を公開、12月にはBlu-ray & DVDが発売されました。続編となる「空母いぶき GREAT GAME」の第1集も売れ行きが好調で、全国の書店やコンビニエンスストアで販売しています。

期日: 2020/07/09から
メニューを開く