陸上自衛隊のV-22オスプレイ、木更津駐屯地に到着 | FlyTeam ニュース

陸上自衛隊のV-22オスプレイ、木更津駐屯地に到着

ニュース画像 1枚目:陸自MV-22オスプレイの編隊飛行
陸自MV-22オスプレイの編隊飛行

陸上自衛隊V-22オスプレイが2020年7月10日(金)、木更津駐屯地へ飛来しました。当初は7月6日(月)に輸送される計画でしたが、天候の影響で7月8日(水)に延期、さらに7月10日(金)と2度の延期を経て、部隊に配備されました。

陸自のV-22オスプレイは5月8日(金)、輸送船でアメリカから運ばれ、岩国基地に陸揚げされました。その後、点検整備を経て今回の木更津駐屯地への輸送となりました。木更津駐屯地では3月26日(木)に創設された第1ヘリコプター団輸送航空隊が訓練飛行などを経て、佐賀への配備まで5年の暫定配備を予定しています。

陸上自衛隊は2015年5月にV-22オスプレイを17機、対外有償軍事援助(FMS)で導入を決定し、アメリカ軍以外で初の採用となりました。新機材の受け入れにあたり、2019年3月からアメリカのニューリバー海兵隊航空基地で飛行訓練を開始していました。

関連記事
メニューを開く