ミャスィーシチェフ、航空測量用An-140-100を試験

ミャスィーシチェフ、航空測量用An-140-100を試験

ニュース画像 1枚目:航空測量用An-140-100
航空測量用An-140-100

ロステック傘下のV・M・ミャスィーシチェフ記念試作機械製造工場は航空測量用に改修したAn-140-100の試験を実施しました。航空測量用のシステムを搭載したAn-140-100は、地上と飛行試験を行う飛行場へ移送しました。テストでは設計した性能や信頼性、機器の操作性を確認します。

航空測量用のAn-140-100は、高解像度の地上写真を撮影できます。撮影したデータはデジタル地形情報などを作成し、湖など湖底の3次元モデルなどを作り様々な分野に幅広く使用できます。

An-140はアントノフが設計開発した新世代のターボプロップ双発の50席級の旅客機で、1997年9月17日(水)に初飛行しました。諸元は、全幅24.5メートル、全長22.61メートル、全高8.23メートル、最大離陸重量21,500キログラム、最大巡航速度459キロメートル、航続距離3,398キロメートルです。この機種は、イランでライセンス生産が進んでいます。

メニューを開く