関空国際線出発口に自動化ゲート設置、ファストトラベル促進と感染症対策 | FlyTeam ニュース

関空国際線出発口に自動化ゲート設置、ファストトラベル促進と感染症対策

ニュース画像 1枚目:関西国際空港 国際線出発口 自動化ゲート
関西国際空港 国際線出発口 自動化ゲート

関西エアポートは2020年7月27日(月)、関西国際空港の国際線出発口の保安検査場前に「自動化ゲート」を設置、運用を開始しました。「ファストトラベル」を促進する取り組みの一環で、搭乗券確認の手続きを自動化することで、よりスムーズな出発手続きが可能となります。

自動化ゲートでは、旅客自身が搭乗券をスキャンし、ゲートを通過して保安検査場に入ります。検査員の負担軽減に加え、非接触の運用となることから、新型コロナウイルスの感染症対策にも繋がります。

設置されたのは、第1ターミナル4階国際線出発フロアの出発口1から3の計12ゲートです。出発口1と出発口2は現在、運用を停止しているため、出発口3のみ運用しています。

期日: 2020/07/27から
メニューを開く