JALの地域プロモーション活動、8月は仙台の魅力を紹介 | FlyTeam ニュース

JALの地域プロモーション活動、8月は仙台の魅力を紹介

ニュース画像 1枚目:8月機内誌
8月機内誌

日本航空(JAL)は2020年8月、機内サービスや機内誌、ウェブサイトなどで宮城県の仙台市を特集します。地域活性化を目指す「新JAPAN PROJECT」で毎月、異なる地域を取り上げ地域のプロモーション活動を展開しています。

機内誌「SKYWARD」8月号の日本語記事では、仙台市の秋保ワイナリーを起点に東北の豊かな自然、風景、食や文化、人と地域を結ぶ「テロワージュ」を特集します。英語記事では、古くから名湯として知られる秋保温泉周辺の観光スポットを自転車で巡りながら紹介します。

また、機内ビデオ番組「ニッポン 歩いて新発見!」では、五感で楽しむ圧倒的な美を求めて、仙台市の瑞鳳殿などの名所や名跡を特集、まるでその場所を旅しているような感覚で楽しめます。

さらに、WEBマガジン「OnTrip JAL」では、全国各地の街の歴史や文化、グルメ情報などを紹介する「西村愛のゴーゴートリップ」で、仙台市の魅力的なスポットとグルメを特集します。

期日: 2020/08/01 〜 2020/08/31
cache=true
メニューを開く