JAL、withコロナ「新しいワークスタイル」検証開始 | FlyTeam ニュース

JAL、withコロナ「新しいワークスタイル」検証開始

ニュース画像 1枚目:地域と共創型の「New Normalな新しいワークスタイル」を検証
地域と共創型の「New Normalな新しいワークスタイル」を検証

日本航空(JAL)はアドリブワークスと提携し、「withコロナ」「afterコロナ」を前提とした、地域と共創型の「New Normalな新しいワークスタイル」の検証を2020年秋から開始します。

新型コロナウイルス感染拡大でリモートワークなど働き方の変更が必要となり、時間や場所に捉われない働き方をめざす中で、これまで日本が抱えてきた「地域における労働力人口の減少」という課題に取り組みます。

具体的には、半年間の社会貢献活動プログラムとして、JAL社員が労働力などに課題を抱える地域を訪れ、ワーケーションを実施するとともに、社会貢献活動に参加し、地域の求めるニーズを把握します。

最初の対象地域は、愛媛県、石川県、岩手県、兵庫県、宮崎県の5県です。果樹園での草刈り・水やりなどの農園整備や、収穫した柑橘を活用した新たな商品レシピ作りなどに取り組みます。感性を養い、自己成長に繋げるとともに、地域と共創型の新しい働き方・休み方の発見につなげることを目指します。

メニューを開く