成田空港、ランプセントラルタワー 9月10日始動 | FlyTeam ニュース

成田空港、ランプセントラルタワー 9月10日始動

ニュース画像 1枚目:ランプセントラルタワー
ランプセントラルタワー

成田国際空港(NAA)は2020年9月10日(木)から、新たなコントロールタワー「ランプセントラルタワー」の供用を開始します。1978年の成田空港開港以来、旧管制塔「ランプ中央運用室」で、エプロンを走行する航空機の誘導、スポットの割り当て、飛行場面の管理などランプコントロール業務を担当してきましたが、建物の老朽化を受け、新たな建物が建設されていました。

ランプセントラルタワーは、塔体の耐震構造、高層階を免震構造で建設し、地震に強い建物となっています。地震の多い日本でも、これまで通り着陸後や出発前の航空機に対する指示など、安全なランプコントロールに対応します。

このタワーは高さ約60メートル、5階建てとなっています。1階と2階の低層階、塔体は耐震構造、3階から5階の高層階は免震構造です。この建物内にはコントロール室、研修室、ブリーフィングルームが設けられています。

期日: 2020/09/10から
メニューを開く