シンガポール航空、マイル上級ステータス会員資格 更新基準を緩和 | FlyTeam ニュース

シンガポール航空、マイル上級ステータス会員資格 更新基準を緩和

ニュース画像 1枚目:シンガポール航空 イメージ
シンガポール航空 イメージ

シンガポール航空は、マイレージプログラム「クリスフライヤー」の上級ステータス「PPS クラブ」と「クリスフライヤー・エリート」の会員更新基準を緩和しました。新型コロナウイルスの影響により、渡航しにくい状況を考慮し、会員ステータスを維持しやすくする取り組みです。

対象は、2021年3月から2022年2月の間に資格期限が切れるPPSクラブ会員とクリスフライヤー・エリート会員です。2021年3月以降も上級ステータスを更新する基準を、本来必要なPPSバリューまたはエリートマイルの半分に変更します。

今回の対象期間前の2020年3月から2021年2月までに期限を迎える上級会員資格は、自動的に12カ月間、延長されています。

さらに、PPSクラブ会員とクリスフライヤー・エリート会員には、2020年10月15日(木)まで、フライトの利用以外でもPPSバリューやエリートマイルを獲得できる機会を提供しています。機内販売オンラインショップ「KrisShop(クリスショップ)」でのショッピングなどが対象です。

シンガポール航空はこのほか、PPS特典とエリートゴールド特典の有効期限を2021年3月まで延長、2020年4月から12月に期限切れとなるクリスフライヤー・エリートマイルの有効期限も6カ月から12カ月間延長しています。さらに、2019年に発行されたPPSクラブ・ギフトバウチャーの有効期限も2020年12月まで延長されています。

メニューを開く