宮崎空港、コロナ禍でも元気発信「スマイルアップキャンペーン」 | FlyTeam ニュース

宮崎空港、コロナ禍でも元気発信「スマイルアップキャンペーン」

ニュース画像 1枚目:オアシス広場に設置された「スマイルアップフォトスポット」
オアシス広場に設置された「スマイルアップフォトスポット」

宮崎空港は2020年9月9日(水)から、宮崎県と共同で行う「みやざきの空 元気開発プロジェクト」の第1弾として、宮崎空港の活性化を図る「スマイルアップキャンペーン」を実施しています。新型コロナウイルス感染予防でマスクを着用しているため、従業員が100%の笑顔で接客することが難しい中、「マスクの下はいつも笑顔です」というフレーズとともに、元気を発信するキャンペーンです。

期間中は、空港内に「スマイルアップポスター」を掲出し、保安検査場入り口と出発ロビーで「スマイルアップ動画」を放映します。また、従業員は「スマイルアップ缶バッジ」を付けて業務にあたります。

このほか、オアシス広場には「スマイルアップフォトスポット」が設置され、Instagramでのプレゼントキャンペーンが企画されています。キャンペーンの詳細は後日発表されます。

なお、「みやざきの空 元気開発プロジェクト」には、宮崎空港ビルや宮崎県などのほか、宮崎に就航する全日空(ANA)、日本航空(JAL)、ソラシドエア、オリエンタルエアブリッジ、ピーチ、ジェットスター・ジャパンも参加しています。

■マスクの下は笑顔です!
~スマイルアップキャンペーン~(ようこそ宮崎へVer.)

期日: 2020/09/09から
メニューを開く