スウェーデン、クロアチアにグリペン売り込み

スウェーデン、クロアチアにグリペン売り込み

ニュース画像 1枚目:JAS39グリペン
JAS39グリペン

スウェーデン国防省は2020年9月9日(水)、サーブ・JAS39グリペンC/Dを12機、クロアチアに提案しました。

スウェーデン国防装備庁(FMV)と在クロアチア・スウェーデン大使館は、クロアチア政府に対してJAS39グリペンC/Dを12機の供与案を提出しました。サーブは、クロアチアの防衛企業と技術提携し長期的なパートナーシップを構築する戦略的協力パッケージを提案しています。これらの提案が採用された場合、クロアチアには約500名の雇用が創出されます。

スウェーデンとサーブは、クロアチアに対してグリペンが今後数十年に渡り、国土を護ることができる戦闘機として提案しています。クロアチアは現在、1950年代に開発された旧ソ連のマッハ2級戦闘機MiG-21の派生型、MiG-21bisとMiG-21UMの近代化改修型を10機、運用しています。

グリペンは、空対空や空対地、偵察などマルチロール機として開発、運用しています。スウェーデン空軍のほか、ヨーロッパではハンガリー、チェコ、アフリカでは南アフリカ、アジアではタイ、南米のブラジルが採用しています。

メニューを開く