羽田イノベーションシティ、本格稼働でオープニングイベント | FlyTeam ニュース

羽田イノベーションシティ、本格稼働でオープニングイベント

ニュース画像 1枚目:シティーゲート
シティーゲート

羽田空港に隣接した天空橋駅に直結する大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ:HICity)」は2020年9月18日(金)、開業エリアを本格稼働します。これにあわせ、9月18日(金)から9月22日(火・祝)まで5日間、オープニングイベントを開催します。HICityは7月3日(金)に開業し、テナントは順次営業を開始していましたが、新型コロナウイルスの影響によりオープニングイベントを延期していました。

オープニングイベントは、浮世絵の世界を五感で体験できる「浮世絵 The World」が開催されます。浮世絵が描かれた高さ約3メートルの「国芳・写楽巨大提灯」や、約1万個の紙ろうそくで作られた巨大浮世絵「羽田凱風快晴」、大田区の中学生の協力により制作された灯籠アート「江戸燈籠街道」、来場者も作品に書き込むことができるライブペイント「肉筆ライブアート」などを楽しめます。

このほか、江戸の和食を中心として飲食店舗の展開や、浮世絵が描かれた雑貨や歌舞伎グッズなどの販売も行います。場所は2020年開業エリアと2022年開業予定エリアで、入場料は無料です。

HICityは、羽田空港第3ターミナルから1駅の場所に位置する大規模複合施設です。2020年開業エリアは、先端モビリティセンター、水素ステーション、研究開発ラボ、会議研修センターなどの「先端産業」施設をはじめ、ライブホール、体験型商業施設、交流・連携施設、足湯スカイデッキ、アート遊具の芝生広場「アーティストビレッジ」などの「文化産業」施設を特徴としています。なお、今後、2022年開業エリアの着工も予定しています。

期日: 2020/09/18 〜 2020/09/22
関連記事
メニューを開く