ANAとポーラ・オルビス、宇宙で使える化粧品を共同開発 | FlyTeam ニュース

ANAとポーラ・オルビス、宇宙で使える化粧品を共同開発

ニュース画像 1枚目:ポーラ・オルビスグループとANAホールディングス  宇宙でも使える化粧品の共同開発へ
ポーラ・オルビスグループとANAホールディングス 宇宙でも使える化粧品の共同開発へ

ANAホールディングス(ANA HD)は、ポーラ・オルビスホールディングスと「宇宙ライフを美しく快適に」をコンセプトとした製品を共同開発する「CosmoSkin」プロジェクトを発足しました。近い将来、民間宇宙旅行が可能になる見込みで、宇宙ライフを美しく快適にする化粧品づくりを目指し、2023年の商品化を目指します。

重力が小さく、極度に乾燥、水が貴重な船内環境では、化粧品にこれまでにない機能性や、これまでと異なる使用方法が求められます。宇宙は資源が極端に制限され、ゴミの最小限化が必要な環境にに合わせて技術を進化させる必要があり、地上で資源の有効活用・再利用などサステナビリティ向上にもつながります。

こうした革新的な技術開発や対応は、高齢化社会やコロナ禍の行動が制約される環境において、健康の維持・増進やメンタルヘルス向上にも役立つとみられます。

このプロジェクトでANA HDは、地上より宇宙環境に近い航空機内を実証実験の場として提供します。ポーラ・オルビスグループは、肌の知見や製剤技術を活かし、宇宙でも使える化粧品の研究開発を実施します。

内閣府宇宙開発戦略推進事務局、宇宙航空研究開発機構(JAXA)など9社が主催する、先進的な宇宙ビジネスアイデアコンテスト「S-Booster 2019」で、ポーラ・オルビスホールディングスはANAホールディングス賞を受賞しました。これをきっかけに、今回の宇宙事業を通じた提携を通じ、地上も含めた新しい豊かな生活につなげることを目指し、それぞれの知見を活かしたオープンイノベーションに取り組みます。

関連記事
メニューを開く