エアバス財団、ベイルートに人道支援物資を輸送

エアバス財団、ベイルートに人道支援物資を輸送

ニュース画像 1枚目:エアバス財団、ベイルートに人道支援物資を輸送
エアバス財団、ベイルートに人道支援物資を輸送

エアバス財団は、爆発事故で甚大な被害を受けたベイルート(レバノン)の人道支援で、ドイツ赤十字社などと協力し、トゥールーズからA350 WXBで支援物資を輸送しました。

支援物資には、ベイルートの医療センターやレバノン赤十字社、レバノンのNGO団体「arcenciel」などに向けた、医薬品、マスク、学校用品、電気製品、IT機器などが含まれています。復路便には、レバノン人の学生が搭乗し、フランスに戻り、勉強を継続するための移動手段を提供しました。

エアバスは8月に発生した爆発事故の直後、政府の被害状況分析やNGO団体が状況を確認できるよう、衛星画像を提供しています。今回の支援物資の輸送に際し、エアバスはベイルートの早い復興を願っているとコメントしています。

メニューを開く