ルフトハンザ、例年通り機内でオクトーバーフェスト | FlyTeam ニュース

ルフトハンザ、例年通り機内でオクトーバーフェスト

ニュース画像 1枚目:2016年のオクトーバーフェストの衣装
2016年のオクトーバーフェストの衣装

ルフトハンザドイツ航空とルフトハンザ・シティラインは2020年9月下旬、世界最大規模のビール祭り「オクトーバーフェスト」にあわせ、一部のフライトで客室乗務員が伝統的な民族衣装を着用します。新型コロナウイルスの影響により、オクトーバーフェストそのものは例年の大規模な開催はできませんが、ルフトハンザは例年通り、民族衣装の着用を通じ、伝統を世界に伝えます。

長距離路線の対象路線は、9月22日(火)のニューアーク行きです。ルフトハンザドイツ航空の11名の客室乗務員が民族衣装「ディアンドル」を着用します。ミュンヘンで活躍するデザイナーによる衣装で、女性用は紺色の衣装にシルバーグレーのエプロン、男性用はディアンドル生地で作られた紺色のベストに革製の短パンが用意されています。

また、ルフトハンザ・シティラインでは9月21日(月)から9月25日(金)まで、ミュンヘン発のコペンハーゲン、ヘルシンキ、マンチェスター、ベルリン、ウィーン、サントリーニ島、ジルト行き便で特別コスチュームの乗務員が搭乗します。

このほか、ミュンヘン空港ターミナル2の旅客サービススタッフも民族衣装を着用するほか、機内やラウンジでミュンヘンを中心としたバイエルンの郷土料理も提供されます。

期日: 2020/09/21 〜 2020/09/25
メニューを開く