マレーシア航空、国内線と東南アジア路線に「プリオーダーミール」導入 | FlyTeam ニュース

マレーシア航空、国内線と東南アジア路線に「プリオーダーミール」導入

ニュース画像 1枚目:フィッシュフライ イメージ
フィッシュフライ イメージ

マレーシア航空は2020年9月22日(火)搭乗分から、クアラルンプール発着のマレーシア国内線、東南アジア路線の一部で、好みの機内食を事前注文できる「プリオーダーミール」をエコノミークラスに導入します。プリオーダーミールは現在、ロンドン、オーストラリア路線でのみ提供されており、提供路線が拡大されます。

対象は、クアラルンプール発着のコタキナバル、ビントゥル、クチン線など、サバ州、サラワク州を結ぶマレーシア国内線と、バンコク、ジャカルタ、デンパサール、ハノイ、マニラなどの東南アジア路線です。フライト時間が75分以上の便が対象です。

追加料金は無く、予約・発券時または予約完了後、マレーシア航空のウェブサイトから注文できます。受付期間は、出発30日前から24時間前までです。

選択できるメニューには、マレーシアの国民食「ナシ・レマ」のシュリンプ・サンバル添え、フライドライス・チキンサテ添え、ビーフラザニア、フィッシュフライ・ホットビーンソース添え、チキン・レンダンなどが用意されています。

期日: 2020/09/22から
メニューを開く