ソラシドエア、南九州移住ドラフト会議 3年連続サポート | FlyTeam ニュース

ソラシドエア、南九州移住ドラフト会議 3年連続サポート

ソラシドエアは2020年9月23日(水)、地域と移住者を繋げるプロジェクト「九州移住ドラフト会議2021」をサポートすると発表しました。3年連続でこのプロジェクトのメインスポンサーを務めます。

この移住ドラフト会議は、プロ野球のドラフト会議に見立て、球団役として移住を受け入れたい「地域」と、選手役として「移住希望者」が参加し、出会いの機会を創出する移住企画です。移住を「人と地域の関係づくり」と捉え、地域を訪れたり、共に課題を解決したりするきっかけを目指しています。

過去4回の開催で約30名が移住し、2拠点生活・地域PR・課題解決の協働など、地域と人との多様なつながりが生まれています。今回は、九州と山口県から14地域を球団に見立てて参加が予定されています。

■九州移住ドラフト会議2021シーズンのスケジュール(9月以降の予定)
9月20日(日) : 14球団発表、選手募集開始
9月20日(日)~10月30日(金) : 選手募集
11月28日(土)、12月19日(土)、2021年1月16日(土) : 移住力強化キャンプ
1月23日(土) : 指名会議
2月1日(月)~3月15日(月) : 交渉期間
3月 : クライマックスシリーズ
メニューを開く