ANA、佐賀空港で自動運転トーイングトラクター試験運用 | FlyTeam ニュース

ANA、佐賀空港で自動運転トーイングトラクター試験運用

ニュース画像 1枚目:自動運転トーイングトラクター
自動運転トーイングトラクター

全日空(ANA)と豊田自動織機は2020年9月28日(月)から10月5日(月)まで、佐賀空港の制限区域内で、自動運転トーイングトラクターによる手荷物搬送を、実際のオペレーションで実施します。政府が空港内の自動運転について指針を作成して以降、実オペレーションの手荷物搬送は国内で初の試みです。

自動運転区間の安全性、定時運航を前提としたオペレーション品質、全体作業工程への影響などを検証します。本格導入に向けた課題を整理し、今後の具体的な業務設計につなげる取り組みです。

ANAグループは、空港地上支援業務のSimple & Smart化に向け、佐賀空港をイノベーションモデル空港に選定し、先進技術の集約と可視化、さらに個別の技術検証や実証実験を進めています。航空機に搭載する手荷物や貨物を搬送するバルクカートへ、ロボットによる手荷物積み付けを2020年3月から実用化しました。旅客の手荷物を安全かつ効率的に積み付け、国内では初めてロボットによる作業となりました。

9月下旬からのオペレーションでは、手荷物積み付けロボットと、これまで実証実験を重ねてきた自動運転トーイングトラクターを接続し、旅客の手荷物を航空機に搭載する一連の工程で、自動化の領域を広げます。

期日: 2020/09/28 〜 2020/10/05
関連記事
メニューを開く