自衛隊とアメリカ軍、10月下旬から日米共同統合演習 | FlyTeam ニュース

自衛隊とアメリカ軍、10月下旬から日米共同統合演習

ニュース画像 1枚目:Keen Sword 2019
Keen Sword 2019

自衛隊とアメリカ軍は、2020年10月26日(月)から11月5日(木)まで、令和2年度日米共同統合演習「Keen Sword21/02FTX」を実施します。この実動演習は、自衛隊と米軍の即応態勢を確認し、相互運用性を向上させる活動で、地域の平和と安定に貢献する態勢と能力を維持・強化します。

演習は種子島では自衛隊が訓練を実施し、臥蛇島では自衛隊と米軍が共同訓練を実施します。主な訓練項目は、(1)水陸両用作戦、(2)陸上作戦、(3)海上作戦、(4)航空作戦、(5)統合後方補給、(6)サイバー攻撃等対処、(7)統合電子戦、(8)宇宙状況監視です。自衛隊からは、統合幕僚監部をはじめ、陸上・海上・航空の各幕僚監部、陸上総隊と各方面隊、自衛艦隊と各地方隊、航空総隊と航空支援集団などが参加します。

アメリカ軍の参加は、インド太平洋軍、太平洋陸軍、太平洋艦隊、太平洋空軍、太平洋海兵隊、在日アメリカ軍などです。規模は自衛隊が人員約37,000名、艦艇約20隻、航空機約170機で、アメリカ軍は人員約9,000名です。

この演習にあわせ、普天間飛行場のティルト・ローター機の訓練活動を沖縄県外に移転します。第1海兵航空団第36海兵航空群第265海兵隊中型ティルト・ローター機飛行隊、第3海兵師団第4海兵連隊のMV-22、4機程度が臥蛇島とその周辺海空域でヘリボン訓練などを実施します。

この訓練移転には、陸自の水陸機動団、西部方面航空隊、海自の護衛艦「ひゅうが」「すずつき」、輸送艦「おおすみ」「くにさき」、空自の第8航空団も参加し、AH-64の2機、CH-47の3機、F-2の2機も演習を行います。

日米共同統合演習は1985年度に開始され、実動演習と指揮所演習を交互に実施し、実動演習は2020年度で15回目です。Keen Swordには、イギリス、オーストラリア、カナダ、フランス、インド、フィリピン、韓国から在京武官のオブザーバーを招へいします。

メニューを開く