春秋航空日本、10月に成田/天津線を運航 6カ月ぶり | FlyTeam ニュース

春秋航空日本、10月に成田/天津線を運航 6カ月ぶり

ニュース画像 1枚目:春秋航空日本 イメージ
春秋航空日本 イメージ

春秋航空日本(SPRING JAPAN)は2020年10月5日(月)と10月19日(月)の2日間、成田/天津線を運航します。この路線は新型コロナウイルスの影響により、3月29日(日)から運休しており、約6カ月ぶりの運航となります。

スケジュールは、成田発IJ253便が12時55分、天津着15時35分、復路の天津発IJ254便は16時35分、成田着20時55分です。航空券の販売は9月30日(水)正午から開始しています。

なお、成田/天津線は、通常の定期便としては10月24日(土)までの運休が決定しています。春秋航空日本の国際線は、成田発着で武漢、重慶、寧波、ハルビン、天津、上海線の6路線ですが、現在は成田/天津線のみ週1便に減便して運航中で、他5路線は10月24日(土)まで運休します。

■運航スケジュール
IJ253便 成田 12:55 / 天津 15:35 ※10/5、10/19
IJ254便 天津 16:35 / 成田 20:55 ※10/5、10/19
期日: 2020/10/05 〜 2020/10/19
関連記事
メニューを開く