北海道エアポート、旭川空港の運営事業開始

北海道エアポート、旭川空港の運営事業開始

ニュース画像 1枚目:旭川空港と離陸する飛行機 (T-ORIさん撮影)
旭川空港と離陸する飛行機 (T-ORIさん撮影)

北海道エアポートは2020年10月1日(木)、旭川空港の空港運営事業を開始しました。北海道エアポートは空港民営化で北海道の7空港の運営を担う予定で、すでに7空港のターミナルビル会社の運営を開始しているほか、6月から新千歳空港の空港運営事業を開始しています。旭川空港は、新千歳に続く運営事業で、2021年3月には稚内、釧路、函館、帯広、女満別の5空港でも空港運営事業を開始します。

旭川空港では、4月から管理者の旭川市から座学訓練、実技訓練、現場OJTなど約6カ月間、空港運営事業の引き継ぎが実施されてきました。実際の運営は、北海道エアポートの旭川空港事業所が担当します。

この運営開始に伴い、航空ネットワークの拡充を目的とした着陸料の割引制度を導入します。割引制度は、(1)運航開始から4年間に段階的な割引を適用する新規就航割引、(2)前年度からの便数増へ割引を適用する増量割引の2種類が設定されています。

メニューを開く