JALとJAC、鹿児島・離島地域でドローン物流サービスを推進 | FlyTeam ニュース

JALとJAC、鹿児島・離島地域でドローン物流サービスを推進

ニュース画像 1枚目:鹿児島県大島郡瀬戸内町 イメージ
鹿児島県大島郡瀬戸内町 イメージ

日本航空(JAL)と日本エアコミューター(JAC)は、鹿児島県大島郡瀬戸内町、三井住友海上火災保険、MS&ADインターリスク総研と、ドローンを活用した地域課題解決を目指す連携協定を締結しました。ドローン実証実験を行い、生活物資などの物流サービス提供に関する地域課題の解決に取り組みます。

ドローンを活用した実証実験は2021年度をめどに実施する予定で、この提携を通じて、瀬戸内町は安定的な物資輸送や物流効率の向上、農林水産物などの販路拡大や輸送コスト削減をめざします。

JALは2020年9月に、次世代エアモビリティとして期待される電動垂直離着陸機(eVTOL)を活用した新たな移動・物資輸送サービスでも、三井住友海上、MS&ADインターリスク総研事と提携し、事業展開を検討しています。これらの取り組みを通じて、新たな技術も取り入れた総合的なエアモビリティサービスの提供や、地域発展への貢献をめざしています。

関連記事
メニューを開く