ソラシドエア、食♡おおいた県南うすきつくみきてくださいき号を就航 | FlyTeam ニュース

ソラシドエア、食♡おおいた県南うすきつくみきてくださいき号を就航

ニュース画像 1枚目:食♡おおいた県南うすきつくみきてくださいき号
食♡おおいた県南うすきつくみきてくださいき号

ソラシドエアは2020 年10月17日(土)から、「食 おおいた県南うすきつくみきてくださいき号」の運航を開始しました。運航開始にあわせ10月17日(土)、大分空港で就航セレモニーが開催されました。ソラシドエアのSNA90便の搭乗客には、記念エコバッグ、情報誌、マグネット、缶バッジ、搭乗証明書などの記念品が配付されました。

ソラシドエアが展開する空恋プロジェクトとして28番目の運航機で、737-800の機体記号(レジ)「JA803X」が1年間、大分県南エリア臼杵市・津久見市・佐伯市と3市の名前を冠して全国を飛行します。機体の愛称「食 おおいた県南うすきつくみきてくださいき号」には、3市の名称が含まれています。

機体前方の搭乗口付近に臼杵のふぐと「ほっとさん」、つくみのまぐろと「つくみん」、佐伯の寿司と「ごまだし大将」のデザインを配置し、機体後方には大分の食の魅力をキャラクターと名物と共に描いています。

期日: 2020/10/17から
この記事に関連するニュース
メニューを開く