ピーチ、11月の国内線 運航率83%に改善 | FlyTeam ニュース

ピーチ、11月の国内線 運航率83%に改善

ニュース画像 1枚目:Peach A320
Peach A320

ピーチは、2020年11月の国内線における運航便数を決定しました。「Go To トラベルキャンペーン」の実施を受け、平日を含む需要回復が見られ、運航率は計画比で83%とします。国内線全26路線のうち、半数の13路線で計画比100%で運航する体制です。連休にあたる11月21日(土)と11月23日(月・祝)は、計画比97%の112便で運航します。

11月の運航率は計画比83%で、10月の66%から17 ポイント改善します。9月の62%からも着実に改善に向かっています。運休便は、関西発着の仙台、新潟、福岡、宮崎、鹿児島線で、いずれも1または2往復便の減便です。成田発着の減便対象路線は、関西、新千歳、釧路、福岡、長崎、宮崎、鹿児島線で、新千歳線は最大で3往復減便となる場合もありますが、概ね1または2往復便の減便です。仙台/新千歳線でも減便が予定されています。

なお、ピーチは10月25日(日)から、成田空港の使用ターミナルを第3ターミナルから第1ターミナルに移転します。また、同日に新路線の新千歳/那覇線、仙台/那覇線に就航し、関西/台北・桃園線をはじめ、羽田/台北線、成田/台北線の国際線3路線を再開します。

■減便対象路線と11月の運航便数
関西/仙台線:3 往復/日 -> 2~3往復/日
関西/新潟線:1 往復/日 -> 5~6往復/週
関西/福岡線:3 往復/日 -> 2~3往復/日
関西/宮崎線:2 往復/日 -> 5~6往復/週
関西/鹿児島線:3 往復/日 -> 1~2往復/日
成田/関西線:3 往復/日 -> 2~3往復/日
成田/新千歳線:7 往復/日 -> 4~6往復/日
成田/釧路線:1 往復/日 -> 6~7往復/週
成田/福岡線:4 往復/日 -> 2~4往復/日
成田/長崎線:1 往復/日 -> 5~6往復/週
成田/宮崎線:1 往復/日 -> 5往復/週
成田/鹿児島線:1 往復/日 -> 5〜6往復/週
仙台/新千歳線:3 往復/日 -> 2~3往復/日
メニューを開く