下地島空港、空の日イベントで3企画 ランウェイウォークや機体見学 | FlyTeam ニュース

下地島空港、空の日イベントで3企画 ランウェイウォークや機体見学

ニュース画像 1枚目:下地島空港 イメージ
下地島空港 イメージ

下地島空港は2020年12月6日(日)、「下地島空港・空の日イベント2020」を開催します。ランウェイウォーク、フライトシミュレーター体験操縦、旅客機見学の3企画が用意されており、それぞれ下地島エアポートマネジメント、パイロット留学アカデミーFSO、スカイマークが実施します。いずれも事前募集、予約制です。

「空港で朝活!~ランウェイウォークと航空教室~」は、滑走路を歩くランウェイウォーク、空港で働く車両の見学、空の日限定メニューの朝食を挟み、航空教室とクイズ大会が予定されています。集合は6時15分、イベントは6時30分から9時15分です。小学生が参加する場合、保護者の同伴が求められています。定員は40名、応募ははがきで受け付けます。

「空のおはなしとフライトシミュレーター体験操縦」は、1日2回開催です。午前は9時30分から11時30分、午後は12時30分から14時30分で、それぞれ体験操縦の定員は10名です。応募はeメールで受け付けています。

「スカイマークの旅客機を間近で見よう! ~到着から出発まで~」は、旅客機の到着から出発までの作業を、近くから見学できます。集合は12時15分、イベントは12時45分から14時30分です。応募は、はがきに必要事項を記入し、期限必着で送付ください。

対象はいずれも小学生以上で、応募は11月6日(金)必着で受け付け、当選連絡は11月13日(金)から、メールまたは郵送で行います。

期日: 2020/11/06まで
メニューを開く