春秋航空日本、成田/天津線の運航を継続 2週に1往復便 | FlyTeam ニュース

春秋航空日本、成田/天津線の運航を継続 2週に1往復便

ニュース画像 1枚目:春秋航空日本 イメージ (Sharp Fukudaさん撮影)
春秋航空日本 イメージ (Sharp Fukudaさん撮影)

春秋航空日本(SPRING JAPAN)は、2020年10月25日(日)以降の冬スケジュールで、成田/天津線の運航を継続します。これを受け、10月20日(火)から、成田/天津線の航空券の販売を開始しました。

成田/天津線は10月5日(月)に運航を再開し、10月19日(月)にも運航しています。10月25日(日)以降の冬スケジュールでは、11月2日(月)から2週に1往復便を運航します。航空券は、成田発が11月から1月までは103,000円、2月と3月は71,800円、天津発は21,800円と設定されています。

冬スケジュールの国際線は、成田/ハルビン線を日曜日の週1往復便を運航する計画でしたが、成田/天津線の運航で2路線を運航する体制とします。春秋航空日本の冬スケジュールは、国内線が成田発着の新千歳、広島、佐賀線の3路線を土、日の週末2日間、国際線は成田/ハルビン線を週1便、成田/天津線を2週に1往復便で、国内・国際線を合わせ、5路線を運航します。

SPRING JAPANは、新型コロナウィルス対策として、環境衛生対策「3S Protection」として、感染症予防策を徹底して運航しています。国際線では、感染状況、各国の出入国制限や検疫体制、さらに需要動向に応じた運航体制とします。

■成田/天津線の運航スケジュール
IJ253便 成田 12:30 / 天津 15:35
IJ254便 天津 16:35 / 成田 20:50
運航日:2020年11月2日(月)、11月16日(月)、
  11月30日(月)、12月14日(月)、
  12月28日(月)、
  2021年1月11日(月)、1月25日(月)、
  2月8日(月)、2月22日(月)、3月8日(月)、
  3月22日(月)
期日: 2020/10/25 〜 2021/03/27
関連記事
メニューを開く