JAL、羽田発デリー行き臨時便を設定 11月から1月 | FlyTeam ニュース

JAL、羽田発デリー行き臨時便を設定 11月から1月

ニュース画像 1枚目:JAL(Astechnoさん撮影)
JAL(Astechnoさん撮影)

日本航空(JAL)はインド政府が設定した「エアトラベルバブル('Air-Bubble' System)」に基づき、2020年11月から2021年1月までの一部日程で、羽田発デリー行きの臨時便を運航します。

インド政府が国際線の定期旅客便の乗り入れを禁止する中、例外的に運航を認める特別便です。デリー発は、これまでも在留邦人の帰国を手助けするため、不定期で臨時便が運航されてきました。今回の「エアトラベルバブル」は、インド政府・大使館などでの手続きは必要なく、航空会社へ直接予約するのみで、移動が可能です。

羽田発の運航日は、11月17日(火)、11月20日(金)、11月28日(土)、12月4日(金)、12月19日(土)、2020年1月9日(土)、1月16日(土)、1月19日(火)、1月28日(木)の9日間です。スケジュールは、羽田発が11時45分、デリー着が18時20分または18時40分となります。

航空券はJALウェブサイトで購入可能となっています。なお、デリー入国にあたりビザのほか、新型コロナウイルスに関する誓約書、検疫書類提出の提出が必要となります。

また、11月から1月出発分のデリー発の臨時便のフライト日程も発表されています。

■羽田/デリー線 臨時便運航日
<羽田発>
   11月17日(火)、11月20日(金)、11月28日(土)、
   12月4日(金)、12月19日(土)、1月9日(土)、
   1月16日(土)、1月19日(火)、1月28日(木)
<デリー発>
   11月4日(水)、11月18日(水)、12月3日(木)、
   12月10日(木)、12月15日(火)、12月22日(火)、
   12月27日(日)、1月6日(水)、1月10日(日)、
   1月17日(日)、1月30日(土)
期日: 2020/11/17 〜 2021/01/28
関連記事
メニューを開く