ANA、新たなLCC立ち上げ エアージャパン母体に2022年 | FlyTeam ニュース

ANA、新たなLCC立ち上げ エアージャパン母体に2022年

ニュース画像 1枚目:ANA イメージ
ANA イメージ

ANAホールディングスは2020年10月27日(火)、新型コロナウイルスの影響を受けて厳しい環境の中、グループの新しいビジネス・モデルへの変革を公表し、この中で新たな格安航空会社(LCC)の立ち上げを発表しました。

ANA、Peachに並ぶ第3ブランドとして展開する計画です。東南アジアやオーストラリア路線を中心に中距離を運航し、拡大が見込まれるレジャー需要の獲得を目指します。コロナ禍を踏まえ、国際線の需要の回復を見据えながら2022年度を目途に運航を開始する計画です。

このLCCは、エアージャパンを母体とし、すでに運航許可などを保有していることから事業立ち上げは速やかな展開が可能で、急激な需要動向の変化への柔軟な対応力を保持します。使用する機材は、ANAが保有する787を活用し、300席程度で低い輸送コストを実現します。

メニューを開く