エミレーツ、コロナ保険を拡充 取消で返金されない旅行費用も補償対象に

エミレーツ、コロナ保険を拡充 取消で返金されない旅行費用も補償対象に

ニュース画像 1枚目:エミレーツ航空 イメージ
エミレーツ航空 イメージ

エミレーツ航空は、新型コロナウイルス保険を拡充した「マルチリスク旅行補償保険」を提供します。2020年12月1日(火)以降に購入された全ての航空券が対象で、搭乗者や親せきがコロナと診断され、旅行をキャンセルし、返金されない場合の費用なども補償します。

具体的には、旅行者本人や親族がコロナと診断され旅行をキャンセルした場合や、空港で搭乗前コロナ検査で陽性となり旅行を中止せざるを得ない場合、返金されない費用の補償として最大7,500米ドル(約78万円)がカバーされます。また、海外旅行中にコロナなどにより重篤な状態に陥った場合も、返金されない旅行費用や帰国費用として同額が補償されます。

このほか、旅行先で陽性と判断され、政府による強制的な隔離措置が実施される場合には、1日あたり150米ドル(約1万6,000円)の費用、さらに海外旅行中のコロナを含む緊急医療費や避難費用として最高50万米ドル(約5,200万円)が提供されます。

AIGトラベルとの提携により、航空券購入者に無料で付帯される保険で、提携航空会社が運航しエミレーツ航空便として販売されるコードシェア便にも適用されます。

エミレーツ航空は保険を自動的に付加することにより、旅行者に旅行計画における安心感を提供します。

円換算 = 104.04円 (2020/11/24 現在)
期日: 2020/12/01から
この記事に関連するニュース
メニューを開く