デルタ航空、チェックインから搭乗まで羽田のコロナ対策 動画公開 | FlyTeam ニュース

デルタ航空、チェックインから搭乗まで羽田のコロナ対策 動画公開

ニュース画像 1枚目:客室内を清掃する客室乗務員
客室内を清掃する客室乗務員

デルタ空港は、新型コロナウイルス感染防止のための衛生基準「デルタ・ケア・スタンダード」を導入しています。感染防止のためにさまざまな対策が実施される中、羽田空港を例に、コロナ禍のチェックインから搭乗に至る流れを説明する動画を公開しました。

デルタ航空は、搭乗前にまず、FlyDeltaアプリをダウンロードすることを勧めています。E搭乗券を表示でき、チェックイン手続きなど接触機会を減らすことができ、フライト運航情報に関する最新情報を取得できます。

使用する羽田空港には最新の自動チェックイン機が導入されており、パスポートをスキャンすると搭乗者自身でバゲージタグを印刷し、非接触で荷物を預け入れできます。

搭乗時間が近づき、機内の清掃作業が完了すると、搭乗開始の通知がアプリに届きます。搭乗時には、ソーシャルディスタンスを確保するため、後方座席から10名ずつ順番に搭乗を案内しています。機内の座席は、家族連れなど特別な要望のない限り、隣が空席になるよう調整し、適切な距離を保つ環境を整えています。

なお、羽田では今後、顔認証技術を使ったセルフボーディングゲートを導入する予定で、さらなる非接触サービスの追加も予定しています。

このほか、デルタ航空は空港や機内清掃を強化し、チェックインカウンターや搭乗ゲートには、搭乗者同士が十分なスペースを確保できるよう誘導マーカーを設置し、互いに距離を保つ環境を整えています。スタッフだけでなく、搭乗者もマスク着用を求め、要望に応じて、搭乗者向けマスクや消毒用ジェルが入ったケアキットも提供しています。さらに、急な旅行計画の変更に対応できるよう、予約変更を手数料無しで対応するなど、安心して旅行できるための様々な対策を実施しています。

■羽田空港における「デルタ・ケア・スタンダード」

メニューを開く