セブ・パシフィック航空、柔軟な予約オプションの適用期間 再延長 | FlyTeam ニュース

セブ・パシフィック航空、柔軟な予約オプションの適用期間 再延長

ニュース画像 1枚目:セブパシフィック航空 イメージ(木人さん撮影)
セブパシフィック航空 イメージ(木人さん撮影)

セブパシフィック航空は、航空券の柔軟な予約オプションの適用期間を2021年3月31日(水)搭乗分まで延長しました。新型コロナウイルスの影響により急な旅行計画の変更を必要とする旅行者に、安心感を提供します。

対象期間中の運航便を予約している場合、何度でもフライトの再予約が可能です。また、支払った金額と同等のトラベル・ファンドに引き換えることもできます。トラベル・ファンドは、セブパシフィック航空の航空券や機内食・受託手荷物の追加などの付帯サービスの購入で利用できるクレジットです。有効期間は2年間です。

なお、搭乗予定のフライトが欠航となった場合には、(1)当初の旅行日から3カ月以内の日程への再予約(運賃差額・再予約手数料不要)、(2)全額払い戻し、(3)2年間有効のトラベル・ファンドへの引換えのいずれかを選択できます。

セブパシフィック航空から直接航空券を購入した場合、公式ウェブサイトの「予約管理」画面から手続き可能です。旅行代理店経由で購入した場合は、購入元へ問い合わせが必要です。

期日: 2021/03/31まで
この記事に関連するニュース
メニューを開く