海自ひゅうが、沖ノ鳥島周辺で仏・原潜含め日米仏共同訓練 | FlyTeam ニュース

海自ひゅうが、沖ノ鳥島周辺で仏・原潜含め日米仏共同訓練

ニュース画像 1枚目:右からエメロード、ジョン・S・マケイン、ひゅうが
右からエメロード、ジョン・S・マケイン、ひゅうが

海上自衛隊は2020年12月15日(火)から12月17日(木)まで、アメリカ海軍、フランス海軍と日米仏共同訓練を実施しました。訓練海空域は、沖ノ鳥島周辺でした。

参加部隊は、海自はヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが(DDH-181)」、アメリカ海軍はアーレイ・バーク級誘導ミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン(DDG-56)」とP-8Aポセイドン、フランス海軍はリュビ級原子力潜水艦4番艦「エメロード(S-604)」、ロワール級支援・支援船(BSAM)「セーヌ」でした。

この演習では、3カ国の海軍種が統合的な対潜戦訓練に焦点をあて、インド太平洋地域の海上安全保障を支援するため協力・連携体制の強化につなげました。

メニューを開く