JAL、高知空港カウンター前に太宰府天満宮の絵馬設置 合格祈願で | FlyTeam ニュース

JAL、高知空港カウンター前に太宰府天満宮の絵馬設置 合格祈願で

ニュース画像 1枚目:例年設置されている絵馬 イメージ
例年設置されている絵馬 イメージ

日本航空(JAL)は2020年12月28日(月)から2021年1月31日(日)まで、高知空港に福岡県の太宰府天満宮の絵馬を設置します。学問の神様として知られる菅原道真公がまつられている太宰府天満宮の絵馬で合格祈願、就職成就、学力増進などの願い札を受け付けます。設置場所は、空港1階のJALカウンター前です。

この絵馬は、本格的な受験シーズンを迎える時期に例年、設置されています。絵馬の前には、受験生に記入してもらう「願い札」が用意されており、JALの利用に関わらず誰でも記入できます。「願い札」には学業だけでなく、家内安全などの願いを記入した場合でも受け付けしてます。集められた「願い札」は2021年2月中、JALが運航する高知/福岡線に搭載され、太宰府天満宮に奉納されます。

太宰府天満宮の最寄り空港の福岡空港と高知空港は、1日2往復便が運航されています。

期日: 2020/12/28 〜 2021/01/31
メニューを開く