キャセイ、変異ウイルス発見されたロンドン行き再開 1月12日から | FlyTeam ニュース

キャセイ、変異ウイルス発見されたロンドン行き再開 1月12日から

ニュース画像 1枚目:キャセイパシフィック航空 A350 イメージ
キャセイパシフィック航空 A350 イメージ

キャセイパシフィック航空は2021年1月12日(火)から、香港/ロンドン・ヒースロー線の運航を一部、再開します。香港発のみ運航し、ロンドン発は香港政府の入国規制に対応し、1月25日(月)まで運航を見合わせます。イギリスでは感染力が強い変異した新型コロナウイルスが発見されています。このため、キャセイパシフィック航空は2020年12月22日(火)から、運休していました。

再開にあたり、香港発は1月12日(火)、1月14日(木)、1月15日(金)、1月17日(日)、1月18日(月)、1月21日(木)、1月24日(日)の計7日間、CX251便を運航します。

キャセイパシフィック航空は2021年12月31日(金)まで、航空券の変更を無料、かつ無制限で対応します。キャセイパシフィック航空で利用できるキャセイクレジットへの交換、またはキャンセルによる払い戻しも可能です。また、2月28日(月)までの期間、航空券の購入者を対象に、新型コロナウイルスに対応する保険を無料で提供しています。

メニューを開く