羽田空港第3ターミナル、ビジネスジェットゲート新設 スポットも変更へ

羽田空港第3ターミナル、ビジネスジェットゲート新設 スポットも変更へ

ニュース画像 1枚目:新設するビジネスジェットゲートの位置
新設するビジネスジェットゲートの位置

羽田空港第3ターミナルに2021年7月、ビジネスジェット(BJ)ゲートが新設されます。第3ターミナルビル北サテライト西側の149番スポット付近に設けられます。運用時間は24時間です。東京国際空港ターミナルは、東京オリンピック・パラリンピックの開催に合わせ、運用を開始します。

延床面積はおよそ1,500平方メートルです。出発・到着を分離する動線が確保され、専用保安検査場、出発・到着の専用CIQ施設、専用待合室、専用車寄せ、専用一時駐車スペースなどが設けられ、利便性が向上します。この施設は、環状8号線から自動車のアクセスも良く、時間を最大限に有効活用したいビジネスジェット利用者に適した場所に所在します。

羽田空港では2014年9月から、ザ・ロイヤルパークホテル・東京羽田のホテル棟1階にビジネスジェット専用ゲートを設け対応していましたが、新施設の供用開始に合わせ、この施設を閉鎖します。

これに伴い、ビジネスジェットの運用スポットも変更される見通しです。2014年のBJゲート開設時は、国際線旅客ターミナル前の123、124、133、134番スポットを使用していました。今回の新たなBJゲートの供用にあわせ、航空局はビジネスジェット機が利用する駐機スポットとして149または151番スポットを使用する計画です。

この記事に関連するニュース
メニューを開く