スカイトラックス・コロナ安全ランキング、エールフランスなどが4ツ星

スカイトラックス・コロナ安全ランキング、エールフランスなどが4ツ星

ニュース画像 1枚目:エールフランス航空、スカイトラック社の新型コロナウイルスに関する航空会社の安全評価で4ツ星獲得
エールフランス航空、スカイトラック社の新型コロナウイルスに関する航空会社の安全評価で4ツ星獲得

イギリスのスカイトラックス(SKYTRAX)社は、新たに新型コロナウイルスに関連する航空会社の安全評価「Covid-19 airline safety rating」の発表を開始しました。現在9社の評価が終了し、エールフランス航空、KLMオランダ航空、ルフトハンザドイツ航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、イージージェット、エーゲ航空が4ツ星に認定されています。評価が発表される予定の航空会社は主要30社で、日本航空(JAL)・全日空(ANA)も含まれています。調査が終わり次第、残り21社の結果が公表されます。なお、最高評価は5ツ星です。

この評価は、コロナ感染拡大防止のため航空会社が空港や機内で実施している対策の効果を測定しています。具体的には、チェックインサービスや関連設備、ラウンジ、搭乗・出発手続き、客室内の清掃度、マスクなどの個人保護具の使用などを評価基準としています。清掃に関しては、清浄度や衛生状態を評価できる迅速衛生検査ツール「ATPテスト」を実施し、高接触エリアに菌や微生物がどれだけ残存しているか確認しています。

このうち4ツ星認定のエールフランス航空は、コロナ対策「エールフランス・プロテクト」として、すでに様々な安全対策を実施しています。空港や機内の清掃強化に加え、搭乗時には除菌シートの配布や、通常通りの機内サービスを実施している中長距離路線では、個別にラッピングされた機内食を提供し、感染拡大予防に努めています。ただし、今回の評価を受け、エールフランス航空は最高評価の5ツ星獲得をめざし、改善に向けた努力を始めています。

メニューを開く